このページの本文へ移動

研究倫理ユニット

役割

当院で実施される臨床系研究の倫理性を適切に確保するため、それらの審査を担当する各委員会、病院臨床研究ガバナンス委員会、医学部・病院生命医科学倫理監視委員会(BEMoC)、臨床研究推進センター各部門などの関係部署と密接に連携し、研究内容に応じて適用される各種規制(法令、倫理指針など)の遵守、研究対象者の保護、および研究の科学的・医学的妥当性の検証などの基盤を支えています。

主な業務

臨床研究法に基づく「特定臨床研究」、再生医療等安全性確保法に基づく「再生医療等提供計画」として行われる臨床研究、倫理指針に基づく「人を対象とする医学系研究」や「ヒトゲノム・遺伝子解析研究」など各種の臨床系研究について、それぞれに適用される国内の規制や国際的なガイドラインに則り、研究機関と研究者等のそれぞれの研究倫理上の責務が的確に果たされるよう、さまざまな角度から支援しています。
また研究者等から寄せられる、臨床系研究の倫理に関するさまざまな質問や相談などに応じています。