このページの本文へ移動

部門紹介

研究基盤部門


臨床系研究における研究対象者(被験者)の保護、研究の科学的妥当性と成果の信頼性の確保、および関連する法令や倫理指針などの規制の遵守の3点を重視し、信頼性保証、安全性情報、研究倫理、ITの4つの分野で、研究機関と研究者の適正な研究実施を支えています。

研究基盤部門には以下4つのユニットを設立しております。

  • 信頼性保証ユニット

  • 臨床系研究の信頼性を保証するため、個別試験監査や医療機関監査(システム監査)のほか、研究の質の向上を図る活動を行なっています。
  • 安全性情報ユニット

  • 疾病等・不具合や重篤有害事象など、臨床系研究を安全に実施するために必要となる各種情報について、研究機関としての管理を行なっています。
  • 研究倫理ユニット

  • 臨床系研究の根底を支える倫理性について、研究対象者の保護や法令・倫理指針の遵守をはじめ、総合的に研究機関と研究者を支えています。
  • ITユニット

  • 当センターの活動の基盤となるITシステムや情報ネットワークの構築および運用・管理を担っています。

メインメニュー