このページの本文へ移動

センター長ご挨拶

慶應義塾大学病院臨床研究監理センターは、初代センター長(現臨床研究推進センター長)である長谷川奉延教授のもと臨床研究中核病院に認定された当院における臨床研究の適正な実施のために2019年8月1日設立されました。

以後病院長を中心としたガバナンス下で研究管理体制が円滑に運営できるよう支援を行い、臨床研究の信頼性保証にかかわる監査などの実施、臨床研究における有害事象・疾病など安全情報への対応などに務めております。さらに臨床研究に関する倫理性や安全性などの理解をこれに関わるすべての教職員に知ってもらうために、教育研修の計画策定、研修の実施などにも積極的に取り組んでいます。これからも臨床研究の発展を支える「臨床研究推進センター」と共に車の両輪のごとく研究者あるいはそれに関わる皆さんをサポートし、安心・安全な臨床研究が行えるように持続可能な体制構築に務めたいと考えております。

引き続きご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。


福永 興壱

臨床研究監理センター長
慶應義塾大学病院 副病院長
内科学(呼吸器) 教授

メインメニュー