このページの本文へ移動

センター長ご挨拶

2019年8月1日に臨床研究監理センターが設立されました。臨床研究監理センターの目的は、慶應義塾大学病院の理念および臨床研究実施方針に基づく、治験を含む臨床研究の適正な実施です。
上記の目的を達成するために、臨床研究に係る法令および倫理指針等により病院長の責務として定められた業務を補佐します。臨床研究に係る倫理等の教育研修計画の策定および教育・研修の実施、臨床研究の信頼性保証に係る監査等の実施、臨床研究に係る有害事象・疾病等の安全性情報への対応、等を行います。具体的な1例として、慶應義塾大学病院および慶應義塾大学医学部で実施される臨床研究に関わる教職員の資格を認証する「臨床研究ライセンス制度」を担当し、臨床研究に関わるすべての教職員の教育と監理を継続的に行います。
臨床研究推進センターが研究者を、臨床研究監理センターが臨床研究実施医療機関を支援することで臨床研究を適正に実施します。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。






長谷川奉延 教授
慶應義塾大学病院
副病院長・臨床研究監理センター長