このページの本文へ移動

臨床研究監理センターは、臨床研究・治験の適正な実施のため、法令・倫理指針において病院長の責務として定められた事項の実施を補佐することを目的として、臨床研究の管理に関する部門などを臨床研究推進センターから独立させ設置された慶應義塾大学病院の新たな組織で、2019年8月1日付で発足致しました。

当センターは2つの部門(研究基盤部門、ライセンス教育研修部門)からなり、臨床研究・治験における信頼性保証(監査、QMS)、研究倫理、安全性情報、ITシステム、教育研修の各ユニットを単位として活動しています。